血のルール、 Stephen King

血のルール
本をクリックする

同じ創造的な傘の下でのXNUMXつの短い小説のパッケージングは​​、すでに長い道のりを遡ります。 Stephen King 四次元に到達した彼の時間をカバーするためのより多くの物語または悪魔自身がない場合、彼は彼の溢れる想像力で彼ができる限り最善を尽くします。

私はそのVivaldian構成のためにXNUMX×XNUMXのパッキングを言います 四季 ダークバージョン。 それらのXNUMXつの短い物語 「希望、永遠の春」、「腐敗の夏」、「イノセンスの秋」、「冬の物語」 それらは優れた実体を持つプロットであり、それらはすべて独立した作品として構成されているように傑出しています。 しかし、その王は何か他のものです...

En esta ocasión, si el sustento creativo se orienta hacia energías remotas pero poderosas que nos gobiernan, y que pudieran estar planificando una maléfica intervención (a los hechos de este 2020 me remito), en ese caso Stephen King hace el debido pack y tira mecha con una colección cuanto más inquietante. Tan solo nos queda disfrutar del genio por si algún día se agota en su infinito talento.

ニュースが血まみれで暴力的であるほど、人々の注目を集めます。「血のルール」。 だから、ホリー・ギブニー、探偵を作るジャーナリズムの格言を読んでください ビル・ホッジス legó su agencia Finders Keepers, y uno de los personajes más queridos por los fans de Stephen King, se interese por la matanza en el instituto Albert Macready y acabe enganchada a las noticias. En esta ocasión deberá luchar contra lo que más teme…, y esta vez sola.

三部作「ビル・ホッジス」と エルビジタンテ、このボリュームにタイトルを与える物語の彼の最初の大きなソロケースのスター、さらにXNUMXつの物語がこの本を構成します。 「ハリガンさんの電話」では、年齢の異なる二人の友情が邪魔をする以上に続いています。 「TheLifeof Chuck」は、私たち一人一人の存在を美しく反映しています。

そして「TheRat」では、絶望的な作家が野心の暗い側面に直面しています。

Cuatro relatos en los que Stephen King sorprende nuevamente a los lectores y los conduce a lugares intrigantes a la vez que sobrecogedores.

Ya puedes comprar el volumen «La sangre manda», de Stephen King、 ここ:

コメントを残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.