最高の本、最高の映画、最高の音楽_

2005 年、インターネットを肥やす場所を持つことは技術的な驚異でした。そんな時代にこのブログが誕生しました。アイデアは、それを私のストーリーの公開リポジトリにすることでした。でも最終的には、他の多くの本について、そして映画について、そして音楽についても話す場所になりました。

このブログの基本的なマイルストーンは、7 年 2021 月 XNUMX 日木曜日でした。 juanherranz.com が選ばれました。 最高の文学ブログ スペイン語で。そして、ほとんどすべてのことによくあることですが、認識は視野を広げたり、方向を変えたりするための時間です。

だからこそ、この生き物は、発見された素晴らしい映画にも対応できるようになり、それに対して正直な意見や善意のアドバイスを提供できるようになったのです。もちろん好みという絶対的な主観から与えられるもの。

また、あらゆる種類の音楽愛好家のために、ブログの第 3 部が成長することを期待しています。私の 音楽のおすすめ 少しずつ離陸していきます。

この冒険では、アドバイスをくれる友達がいます。そして時には、彼ら自身のレビューや批評を加えて拡張してもらうこともあります。今日、世界中から参加してくれる読者にコンテンツを提供するための支援が得られるのは、常に良いことです。

更新するために、ここのホーム ページに、おすすめの本や多数のライターによる最も完全な書誌レビューとともにブログにアップロードしている最新のエントリを含むグリッドを表示します。新しい映画や古い映画の鑑賞だけでなく、演技で私たちを魅了する俳優や女優の映画的なタッチにも対応することを忘れません。

あらゆる人に向けた本や映画

フォームから先に進み、私に連絡したい場合は、次の宛先にメールしてください。 juanherranzperez@gmail.com

Juan Herranz

これは私が日没時に姿勢を引っ張っているところです。 その瞬間から数年が経ちましたが、本当に写真を変えたくありません。 時間の経過と他の悪党の災害..。

重要なのは、このブログを読んですぐにわかるように、私は主に小説についてのレビューや批評を書いていますが、明確な差別はありません。 私が読んでいないものは、良い読書の友人や親戚の手に渡っています。 そして、私たち全員の間で、私たちは一流の文学的なフィリアと恐怖症のためにこのスペースを構成しています。

もちろん、ピスエルガ川がバリャドリッドを通過するという事実を利用して、私は自分の本についても話します。私は残りのわずかな自由時間を捧げます。 私は覚えているので、そしてより「有益な」何かでそれらの理由の滴を正確に使用する方法を知らなくても、私は小説作家として自分自身の進出をし、時には研究書も書きます。

そして、あなたが私に言いたいことは何でも、私に言ってください。 juanherranzperez@gmail.com

残りの部分については、あなたが読むことを主張するならば、私は自己紹介をもっと徹底的にする機会を利用します:

私は14年1975月XNUMX日にサラゴサで生まれました。同時に、レアルサラゴサがコパデルレイの準々決勝でバルサとのゴールを決めました。 病院から、ロマレダの隣で、私の父はゴールと私の誕生を祝いました。 足の間にボールを持っている私の能力が低いことを考えると、短くカットされたサッカー選手としての素晴らしい前兆。 おそらくそれが理由で、社会的卒業の大学の卒業証書を取得した後、私は別の趣味に焦点を当て、執筆し、発明する古い傾向を長引かせました。

2001年に最初の小説を出版して以来、 私は伝えるべき新しい物語と、座ってそれらを書く時間を見つけています。 何も強制されることはありません、それらは自発的に発生するか、誰かがそれらを私に送信し、私を説得することになります。 このプロセスは予測できない方法で生成され、想像力と紙の間で日々帰化されます。

このように、私は自分なりの方法で作家の職業を味わっています。 振り返ってみると、驚きと満足の間に、背中の後ろにXNUMX冊の本が出版されています。オオカミの記憶"、"二度目のチャンス"、"カサンドラニュース"、"年齢"、"サッカーからサッカーへ"、"エヘアの戦闘機"、"天使を待っています«El sueño del santo»、«レアルサラゴサ2.0»«失われた伝説»«Esas estrellas que llueven»そして«私の十字架の腕»。 新しいアイデアが現れたときに書き続ける動機。

  • 小説「オオカミの記憶」社説エギド、2001å¹´
  • 小説「セカンドチャンス」ミラ編集者、2004å¹´
  • 巻:「カサンドラニュース」社説Espiral、ビルバオ、2006å¹´XNUMX月
  • 本のコラボレーション「私たちが何であったか、そしてこれからも」Ejea 2002
  • 本の寄稿者:「土星の生き物」アラゴン作家協会2007
  • ドシエ編集者 "Young Creators、2002" Ejea de los Caballeros
  • 地域文芸雑誌「アゴラ」編集委員会
  • 6年第2008号の文芸雑誌「土星の生き物」への参加
  • SDエヘアのメモリーブックの主編集者。 2008å¹´XNUMX月
  • 本:「エヘアの戦闘機」。 2009å¹´XNUMX月
  • 小説:「Alter」エディトリアルAndrómeda-ファンタスティックワールドコレクション。 2010å¹´XNUMX月
  • 小説:「天使を待っている」-Brosquilsエディション。 2011å¹´XNUMX月
  • マリア・ルナの絵画展資料「Essential and Everyday」の共同編集者
    -小説: "El sueño del santo»-エディターを見てください。 2013年
    -ノヴェラ:«レアルサラゴサ2.0»-ミラエディターズ。 2014年
    -ボリューム:「失われた伝説」-Libros.com 2015
    -小説: "Esas estrellas que llueven»-エディターを見てください。 2016年(«の第XNUMX部El sueño del santo»)
    -小説:«私の十字架の腕»-アマゾン。 2016年
  • 1等賞ストーリーコンテスト2002周年記念ティーチングミディアムシンコヴィラズXNUMX
  • 1等短編小説コンテストAsociaciónCulturalFayanás2004
  • ファイナリストII国際短編小説コンテスト「せっかちな読者」2004
  • ファイナリストX短編小説コンテスト「JuanMartínSauras」2005
  • 2005年国際コイル-サイエンスフィクションコンペティションのファイナリスト。ペルー
  • ファイナリストIAbaco2006短編小説コンテスト
  • 幻想的な物語の1等XIコンテストGazteleku2006
  • バスク地方鉱業博物館2年第2006位ストーリーコンテスト
  • 1等XVII短編小説コンテスト「YoungCalamonte2007」
  • ストーリーの第4位IIIコンテスト「ヴィラデカブラデルサントクリスト2007」
  • 2007年アンドロメダ賞の小説部門におけるユニークな特別賞
  • 5等IV短編小説コンテスト「ヴィラデカブラデルサントクリスト2008」
  • 準優勝ファイナリストVIブリアレオ短編小説コンテスト。 クエンカ2008
  • ファイナリストIコンテスト「クエンタモンテス」エルダ2008
  • ファイナリストホラー小説コンテスト「ヴィラデマラセナ」2008
  • ファイナリストXIIGazteleku de Sestaoショートストーリーコンテスト2009(…)
  • 2010å¹´XNUMX月からXNUMX月の弁護士のための候補リストコンテスト
  • 2021 年スペイン語圏の最優秀文学ブログ 20Blogs Awards

それらすべてがここにあるわけではありませんが、良いサンプルになります。彼ら、私の本。運が良ければクリックすると購入できるかもしれません。他の場合は冗談ではありません。

文学の世界での豊富な経験を活かして、私はここしばらく、エキサイティングなコンテンツライティングの世界に参加しています。提示するアイデアに関する最も基本的なガイドラインがあれば、私はあなたのために個人的なテキストを書いたり、ブログのエントリーを書いたり、インターネット検索エンジンで順位を上げるための投稿を書いたりすることができます。

コンテンツの書き方にはコツがあります。単語は単に結合して文を形成するだけではありません。彼らは次から次へと、魅力的で刺激的なサイレンの歌など、読む人の理解に向けて提案し、提案し、動機付け、魅了し、さらには音楽を作曲し、メッセージを歌わなければなりません。

結局、すべての執筆は文学であることに留まりません。 感情を刺激したり、アイデアを伝えたりすることを目的としています。 開示するよう説得または関心を持って。

書くことによって、書くことを学びます。 15 年以上にわたって手紙を送り続け、さらに多くの手紙を送り続け、12 冊の本を出版し、すでに何百もの完成した非常に価値のある執筆課題を抱えてきたので、意図と情熱に満ちたその文献からアイデアや概念を移すプロセスを知っていると断言できます。あらゆる優れたコンテンツの執筆に組み込まれる変革力。

さあ、私にあなたの世界に伝えたいことを教えてください。あなたの最高の言葉を見つけさせてください。